愛人契約して夢を叶えたい女性を応援したい33歳の青年実業家です

MENU

 実業家が集まるパーティーに出席した時に、仲良くしていた実業家仲間から聞いた話が頭から離れませんでした。
自分も助けてあげる相手を探してみたい、愛人契約をしてサポートをしてあげたいという気持ちがさらに強くなっていました。
そのパーティーでは少ししか話すことができませんでしたから、詳しい内容は分りませんでした。
しかしインターネットを使えば助けて欲しいと思う女性と知り合うことができる、これが分かったのは大きな収穫だったと思います。
ただこのような出会いについての知識がありませんでしたから、彼に詳しく聞いてみなければという気持ちになりました。
自分自身もサポートを受けたおかげで今の立場があるわけですから、同じように夢を追っている女性を助けてあげたいという気持ちは強くなる一方だったのです。
そこで彼を酒にでも誘って、もっと詳しく話を聞かせてもらおうと思いました。
「この前の話じっくり聴かせてくれない?」
「パパ募集か」
「うん、自分もサポートしてあげたいって気持ちがあるからね。
時間ある時も飲みに行こうよ」
「そうだな金曜日の夜なら空いてるぞ」
こうして金曜日の夜に彼と待ち合わせして飲むことになりました。
彼がやった方法をそのままなぞっていく事で、確実な出会いが見つかるような気がしていました。
経験者がやったようにすることが一番の作戦であることは間違いがありません。
特にインターネット使った出会いというものは全く知識がありませんから、バッチリとその方法論を教えてもらおうと思ったのです。

助けて欲しい女性と知り合ったら、愛人契約をして囲って金銭的なサポートしていく。
そうすることで相手の夢を実現させてあげることができるのです。彼から話を聞くのが楽しみでしかたがありませんでした。