愛人契約して夢を叶えたい女性を応援したい33歳の青年実業家です

MENU

 自分の夢を叶えるために努力をする、これってとっても素晴らしいことだと思っているんです。
実際に自分も現在実業家として成功をおさめましたが、以前は苦労をすることばかりだったのです。
もちろん苦労しても夢がありましたから前進することができていました。
ただし、学生の頃や仕事を始めた頃などはそれなりの資金が必要であり、この時にサポートを受けることに成功したからこそ努力を続けることができたと言っても間違いはありません。
何かを成し遂げるときにサポートを受けると、とても気分も前向きになることができます。
今は成功して青年実業家と呼ばれるようになりましたから、自分も夢をかなえたいと思っている女性を助けてあげたいという気持ちは持つようになっていました。
世の中には、夢を叶えたくても叶えられないような人がいるのだから、そういう女性の助けをしていきたいという気持ちを持っていました。
しかし、自分の周囲を見回しと愛人関係を作れるようなタイプの女性は存在していません。
助けてあげたいという気持ちはあるものの、相手がいなければどうしようもありません。
自分自身がサポートを受けることができたから、誰かの役にたちたいという気持ちばかりは強めてしまっていました。
それは実業家が集まるパーティーに出席をした時の事だったのです。
仲良くしている同じ年齢の実業家仲間が、アルコールの勢いもあって話し出してきました。
彼の話によると、現在は、夢をかなえたいと考えている女性を愛人にして囲っていると言うのです。
愛人関係ではあるけれど、相手をサポートして夢を後押しすることができている事に対して、とても満足しているという話をしてきました。
実際に自分がそのような事したいと思っていましたから、やたらと興味を持つようになってしまったのです。
どうやら彼も自分の周囲からそのような女性を探したしたわけではなかったようです。

「インターネットの中だと気軽にパパ活するような女の子たちているわけよ。
だから気軽に相手を探すことは可能だと思っても差し支えはないと思うよ」
彼のこの発言に、物凄く興味を持ってしまい、自分もインターネットで相手を探してみようという気持ちになったのです。